【2023】Google I/Oレポート

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google I/O 2023が、2023年5月10日から開催されました。今年も、いろいろな新製品および新技術の発表がありましたので、その内容をまとめます。

Google I/O 2023
Google の最新ニュースやイノベーションをお届けします。I/O に参加して、ライブ ストリームされる基調講演やプロダクトの有用な最新情報をオンデマンドでご覧ください。
スポンサーリンク

Google I/Oとは

Google I/Oは、Googleが開催する年次開発者向け会議です。

Google I/Oでは、GoogleとAndroid、Chromeなどの新製品や新技術の発表が行われます。

AI関連

AI関連では、Google「Bard」がついに一般公開されました。

日本語および、韓国語もサポートとなり、日本からでも安心して利用できます。

日本語のフォントがおかしいというはなしもありましたが、使ってみて問題ありません。

Bard
Bard is your creative and helpful collaborator to supercharge your imagination, boost productivity, and bring ideas to l...

今は利用できませんが、Bardは画像も入力できます。近日公開予定です。

次に、Google Workspaceに生成AIが搭載されました。

下記の機能は、2023年6月ごろから、信頼できるテスターを対象に6月から提供追加になるようです。

Googleスライドを表示して、画像を作りスライドに貼るデモです。

さらに、Google Docsで文章を提案してくれる機能なども追加されます。

Google検索にも、生成AIが入るようです。

検索結果を元に、ブログにアクセスする人が少なくなる時代が来る気がしました。

デバイス関連

Google Pixcel Fold

折りたたみスマホが登場しました。

価格が25万円と高額ではありますが、大画面が利用できるのは大変便利です。

折曲げた状態でも画面が一つあるので、そこで動画を見ながら、開くと大画面で動画を見ることがき、さらに、右側の画面にチャットを表示したりすることができます。

単に画面が大きくなっただけでなく、使い勝手も良いのが素晴らしいと感じました。

Pixel Tablet

タブレットデバイスが発表されましたが、特徴は、充電できる台です。これは、磁石でついて充電でき、スピーカにもなります。タブレットを充電しながら画面を見るには便利です。

Wear OS 4

スマートウォッチ向けのOS 「Wear OS 4」の開発者プレビューがリリースされました。

バッテリーとバックアップ機能が改善し、「WhatsApp」、「Gmail」、「Googleカレンダー」が利用できるようになります。

まとめ

Goole IO 2023で発表があった機能をまとめました。

例年のことながら、たいへんワクワクする開発者カンファレンスだったと感じます。

全体的な印象として、

1.Webサービスは、「生成AI」を中心に様々な機能が追加

2.ハードウェアは、様々な形を提案

といった雰囲気が伝わってきました。

紹介できたのは、一部の内容ですが、まだまだ多くの発表がありますので、Google I/O 2023の発表を調べてみましょう!!

また、ラーニングアニマルでは、Google I/O 2022もカンファレンスレポートしています。

昨年から、今年の変化を見ることで、Googleの進化を学ぶ機会になると思いますので、

Goolgle I/O 2022のレポートも見てみましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました